スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムシトリスミレの成長

昨年の暮れに冷蔵庫から出して鉢に植えつけた冬芽が育って葉が大きくなってきました。 
まわりに貼り付けたコケも新芽が出てきて綺麗になってきました。

140128musitorisumire-01.jpg 140128musitorisumire-02.jpg
スポンサーサイト

セツブンソウの発芽

昨年、とりまきしたセツブンソウの種が発芽し始めました。
初めての試みなので不安だったけど、ホッとしました。

140128setubunsou-02.jpg 140128setubunsou-01.jpg 140128setubunsou-03.jpg

キバナセツブンソウの植替え

キバナセツブンソウを先日、通販で購入したが、ポット植えなので花後の管理が心配なため、そろそろ芽出しの時期だったが、思い切って駄温鉢に植え替えをすることにした。
2球入りの球根からは白い細根がたくさん出ていて、芽も伸び始めていたので、傷つけないよう慎重に同じ用土で植え替えた。

140125kibanasetubunsou-01.jpg140125kibanasetubunsou-02.jpg140125kibanasetubunsou-05.jpg

サギソウの植替え


130824sagisou-01s.jpg
昨年8月に開花したときの様子

厳寒期ではあったが、サギソウの植替えをした。
取り出した球根は29個あった。3倍くらい増えたようだ。
以前は購入時のままで川砂に植えてあったが、水はけが悪くビショビショであまり良い状態ではなかった。
今回は、長繊維ピートモスに鹿沼土を混ぜた用土で表面に苔をはり、小山飾り風に植え付けてみた。
しばらくは凍結しない軒下に置くことにする。
140116sagisou-04s.jpg 140116sagisou-08s.jpg

ムシトリスミレの植えつけ

昨年の暮れ12月26日に冷蔵庫に保存してあったムシトリスミレの冬芽を取り出し、鉢に植えつけた。
131226musitorisumire-02.jpg 131226musitorisumire-02s_20140107134313319.jpg

昨年は6株中2株だけしか花が咲かず、5月末頃、早々と葉が無くなってしまった。
まだ冬芽は熟成していないが、仕方なく冷蔵庫に移したので今年は花が咲くか心配だ。

水はけが悪く根が蒸れて腐ってしまったようなので、今回は根元の蒸れを防ぐために北海道産長繊維ピートモスにケト土を少量混ぜた用土(夢想)を山盛りにして植えつけ、表面にコケをはることにした。
140107musitorisumire-02.jpg 140107musitorisumire-01.jpg

昨年と同様に水槽の中に入れ、玄関内のガラス戸越しに置いて2週間、葉が開いてきた。
うまく活着したようだ。
131226musitorisumire-08s.jpg 140107musitorisumire-03.jpg


ショウジョウバカマの植付け

3年前の年末に大きな冬芽のあるショウジョウバカマを買ったが、翌春、花が上手く咲かなかった。
その株はまだ健在だが、葉だけで何故か毎年花芽ができない。
肥料の与え方が悪かったのだろうか?

1月3日カインズホームに行った時、目について、何とか花を咲かして見たくなって、つい衝動買いしてしまった。
ショウジョウバカマ購入

今回は、長繊維ピートモスにケト土を少量混ぜたものを山盛りにして小山飾り風に植えつけ、
その周りにニリンソウやヒメレンゲ、シダ、タヌキラン、イノモトソウの5種類をかき集め寄せ植えしてみた。
寄せ植えの野草 ショウジョウバカマの小山飾り
日当たりのよい凍りつかない場所において管理することにしよう。
肥料は花が咲くまでやらないことにする。






 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。